さあファンド会社で資産運用を初めてみよう!

大切な資産運用、どうしようか悩みますよね

銀行に預けても超低金利の今、資産運用を考えることは非常に難しくなっています。 資産運用と一口に言ってもその方法はさまざま、株、先物、債権、不動産などなど様々な方法があります。どれが一番自分に合っているか、リスクはどうなっているのか、実際どのように投資すればよいのか、勉強することは山のようにありその間にも新しい情報は次々とながれて行きます。迂闊にハイリスクなものに投資してしまったために大損した、なんて事にならないよう注意が必要です。 では、何がおすすめか?それは、プロが自分のスタイルに合わせて投資信託で運用してくれるファンドラップです。大手証券会社を中心に提供されていたファンドラップ、最近ではネット証券でも提供されるようになってきました。

ファンドラップで資産運用

投資のプロに自分の口座の投資を委託するラップ口座というものがありますが、最低でも数千万から数億というまさに富裕層を対象としたものでした。これを運用を投資信託にしぼることにより小額から利用可能にしたのがファンドラップです。 ファンドラップのメリットは何といっても運用を自分の考え方や現在の状況にあわせて自動的にしてくれるところです。事前にリスクに対する調査をおこない、適切に分散しリターンが高くなるよう運用してくれます。また、小額投資非課税制度(NISA)を利用することで毎年120万円まで通常の口座では利益の約20%かかっていた税金を非課税にすることができます。 定期預金ではほとんど増えない現在、ファンドラップを利用するのは賢い一手といえるはずです。